法人カードの活用術を公開|便利に使って資金の足しにしよう

貯金箱とコイン

依頼する前に知りたい

手を上げる女性

本来なら期日がこないと現金化ができない手形ですが、手形割引を利用することで決められている期日前に現金化が可能になります。この手形割引は期日前に執行されるため、それ相当の割引料が発生しますがたとえその額が大きくてもすぐにお金が欲しい場合だと少しもデメリットに感じません。今すぐに現金を手に入れなければいけない緊迫した状態の時程、この手形割引が重宝されます。ただ現在手形割引を利用するシーンは減少傾向にあるためピンとこないかもしれませんが、以下の理由から活用されることが多いです。例えば取引先から突然手形を受け取った場合、あるいは急にビジネスチャンスが現れた時は手形割引を活用するチャンスです。後者の場合は資金が足りないために諦めるといった傾向がありますが、手形割引を使うことで資金を確保することができます。また今後の景気を考え先に現金化したいと考えるでしょう。こうした対策に使えるのが手形割引が持つ最大の魅力になります。

手形割引を利用するためには、依頼先を先に見つけないといけません。主な依頼先は現行と専門業者の二つになります。銀行と専門業者の違いですが審査基準にあります。銀行の場合だと企業全体を通して信頼を見ますが、専門業者だと振出人の信用を中心に見ます。この時1つの条件ではなく多角的に判断をする傾向が強いです。手形割引の依頼をする時、資金状況やどのくらい急いでいるのかで銀行か専門業者か分かれます。そのため、サービスの違いをより深く理解する必要があります。