法人カードの活用術を公開|便利に使って資金の足しにしよう

貯金箱とコイン

土地と建物を犠牲にする

家の模型

お金を借りたい時、消費者金融や銀行の融資サービスを真っ先に思い浮かべますが、無担保で融資を受けるので基本的に借りる人物の信用を見ます。そのため、信用がないと審査が通らなくなります。すぐお金が欲しい場合は苦戦するでしょう。土地と建物を相手にする不動産担保ローンは、建物を担保にするので人物の信用度と不動産の価値で融資をするかどうか判断をします。そのため、審査も普通より通りやすくなります。この不動産担保ローンですが自分の土地や建物じゃなくても問題ありません。例えば両親や配偶者名義の土地や建物でも融資を受けることができます。これが不動産担保ローンと一般の融資会社との違いになります。また、建物の価値がプラスされるため大口借入がこの時点で可能なのでその点も不動産担保ローンの魅力でしょう。

ほとんどの場合、低金利で融資を受けたいと考えるものです。キャッシングやカードローンを選ぶ時の基準も金利が真っ先に出てくるでしょう。不動産担保ローンは、担保の相手を不動産にすると融資を受ける側のリスクが少なくなるため普通に借りるよりもお得な金利で融資を受けることができます。また、金利が低くなるため総返済額の負担軽減がこの時点で可能になるでしょう。融資を受ける側にとってはお得と負担軽減の二つが手に入るため助かります。尚不動産担保ローンでは、おまとめローンとして活用できます。借入を1つにまとめることで管理が楽になる他、金利を下げられるため高い金利だけを絞りおまとめすればより負担を軽減することができます。